コンタクトレンズの思い出

コンタクトレンズも安くなりましたねぇ。
昔、ハードコンタクトレンズが主流だった時代には、1枚当たり1万2万は当たり前で、ひょっこり落としたりした日には、必死で這いつくばって探した物です。
その後、ソフトコンタクトレンズが普及した際にも、やはり結構な値段でしたし、毎日煮沸洗浄とこすり洗いが面倒でした。
半年も使うと、結構ヨレヨレになってきたりして、耐久性ではハード、スポーツなどシーンを選ばないのはソフトと、選択に悩まされていました。

今はコンタクトといえば、使い捨てレンズが主流になりつつあります。
毎日清潔で手間が掛からず、薬局やドラッグストアで気軽に買えるようになりましたので、自分の目の度数をメモして財布にでも入れておけば、
どこででも買うことができるので大変便利になりました。
落としたり無くしたりしてもすぐに安価で取戻しが効くのは、当時を考えると夢のようです。

そうはいっても、毎日使う物ですから、まとめて安いところで買うのが賢い選択ですね。
物流の面から見て、コンタクトレンズはネット通販で探して買うのが一番安くあがります。
どこで買っても品質が同じであるならば、コンタクトレンズに限らず、安いお店で買うのが一番ですよ。
業界で有数の品揃えと値段のお店はこちらのサイトになります。
よくある韓国製コンタクトではなく、取り扱い品は全部国内産レンズですから安全面でも信頼が置けますよ。

3月 18th, 2013  in 目の悩み No Comments »

資金も設備も控えめで大丈夫!太陽の恵みを手軽に楽しむオフグリッド太陽光発電とは・・・

オフグリッド太陽光発電ってご存知ですか?
パネル一枚から始められる太陽光発電システムのことです。
従来は道路標識やソーラー街灯の電源などに利用されるのが一般的でしたが、近年のエコ環境意識の高まりや、3.11をキッカケとする災害対策の電源確保、DIYブームの浸透など、時流に合致した利便性が認知されて太陽光発電の様々な利用方法が広がっています。

近年、太陽光発電と言えば、住宅の屋根一面に太陽光電池システムを設置して、電力会社と電気の売買をする「系統連系型システム」が普及していますが、設備投資費が200~300万以上で、頼りになるはずの補助金もスズメの涙?ほどですから、住宅メーカーがオール電化システムとして新築住宅と一緒にセット販売するケースが多いようです。

それに対して「オフグリッド(独立型)システム」は、グリッド(電力会社の送電網)をオフ(使わない)、つまり独立型のシステムです。
『独立型』は、発電総量が30V以下なら構築に一切の制限が無く、資格や免許・申請などは不要ですから、気軽に“自分で電気を作って自分で使う楽しさ”が味わえますね。
この手軽でコンパクトなオフグリッド発電の活用方法は人それぞれ。
用途とアイデア次第で、防犯カメラやシェルターハウス、店舗照明や看板照明の電源や、庭園鉄道やプレジャーボート、通勤用の電気スクターのバッテリー充電にと大活躍しています。
数万円の予算から、必要な電気を自分自身で作り出す楽しさを味わえる、この「オフグリッドシステム」。
アイデア次第でますます用途が広がりそうだとおもいませんか?

そんなアナタにオススメの独立型太陽光発電機器の直販サイト「オフグリッドソーラー」をご紹介しましょう。
「オフグリッドソーラー」は、オフグリッド独立型太陽光発電専門店としてDIY向け発電システムを低価格で提供するオンラインショップです。LED照明や直流12V機器など変換ロスの少ない省エネシステムの提案、ベランダ発電やキャンピングカーサブバッテリー充電など、ニーズに応じて対応してくれます。
用途別のセット商品も豊富ですから、まずはサイトで“オフグリッドソーラーの魅力”を確認してみては如何でしょうか。
“オフグリッド発電”で、自宅で電気を栽培して収穫する・・・ そんなレアな楽しみがアナタを待っていますよ!

独立型太陽光発電・ソーラーパネルの専門店「オフグリッドソーラー」
>>> ソーラーパネルの自作情報

2月 12th, 2013  in ワーク No Comments »